HOME診療案内|リウマチ治療

リウマチ治療

関節リウマチとはどんな病気?

関節リウマチは、全身の様々な関節に強い炎症が起こる病気です。 男性より女性の方が多く発症するといわれ発症年齢は30~50歳代が多いですが、60歳以降に発症する方も少なくありません。

関節を動かさなくても痛みが生じるのが、他の関節の病気と異なる点です。 また手首や手足の関節で起こりやすく、左右の関節で同時に症状が生じやすいことも特徴です。

炎症が続くと、微熱・だるさ・食欲不振等の全身の症状が出てくるだけでなく、関節の骨や軟骨の破壊により関節が変形し日常生活に支障をきたすことになります。

リウマチの診断

関節リウマチは、なるべく早い時期に治療を始めることが望ましい病気です。 しかし、他の病気との鑑別が難しいと言われています。

したがって検査を繰り返し行うとともに、いくつかの診断基準と照らしあわせて慎重に診断がくだされます。
関節リウマチの症状は、関節リウマチかどうかを自分で判断することは簡単ではありません。

関節の腫れが続く場合には、一度ご来院下さい。

リウマチの治療

関節リウマチの治療の目的は、痛みや炎症をとる、骨や関節破壊の進展を遅らせることです。

関節リウマチの治療法として、症状や進み具合に合わせて、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどが行われます。
最近では次々に新薬が開発され、昔は難しいと思われていた関節リウマチの進行抑制も可能になりつつあります。

当院では、抗リウマチ薬を中心に消炎鎮痛剤、ステロイド剤を必要に応じて使用します。

しかし最近では生物学的製剤という新薬が開発され、上記薬の効果が不十分な場合に使用し関節破壊の抑制に大きく貢献しております。

生物学的製剤について

当院では様々な生物学的製剤を患者様個々に合わせて選択しております。

  • レミケード:点滴製剤 / 4~8週間隔投与参考HP
  • アクテムラ:点滴製剤 / 4週間隔投与参考HP
  • ヒュミラ:皮下注射製剤 / 2週間隔投与参考HP
  • エンブレル:皮下注射製剤 / 1~2週間隔投与参考HP

治療の際には、一度医師にご相談下さい。